知っておきたい着物の種類の基礎知識

日本の伝統衣装でもある着物は、着付け出来ないなどの理由から普段使いされることが少なくなってしまいました。しかし、今でも成人式の振袖や、結婚式の白無垢など、人生の節目には和装をする風習が残っています。和服には洋服とは異なりそれぞれの種類に格があり、着ていける場面や使用用途が異なります。合わせる帯などにも違いがあるので、きちんと知ることで、正しいコーディネートをすることができます。年齢などによっても適しているものが異なるので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。購入の際には、呉服店などでよく相談してみると良いでしょう。購入時には仕立てが必要となるので、仕上がりまでに時間がかかります。仕上がりまでの時間に余裕をもって購入することが大切です。

格と着ていく場面の違いについて

着物の種類には格があります。格によって着ていくことが出来る場面が異なるので、きちんと知っておくことが大切です。最も格式が高いとされているのが振袖です。礼装と言われる振袖は、最も華やかな装いで、華やかな柄と長い袖が特徴です。未婚の女性のみが着られるもので、既婚女性は同格のもので留袖があります。留袖でも黒地のもののほうが格式高く、婚礼などにも着ていくことができます。無地に華やかな柄が特徴で、どちらも袋帯を合わせます。入学式や卒業式などに参加したり、格式の高いお茶会などには略式礼装でもある訪問着や色無地が向いています。少し落ち着いた雰囲気の柄を選べば、若いうちから年を重ねても使うことができるものです。袋帯を合わせますが、帯によって雰囲気を大きく変えることが出来ます。

普段着にもできるカジュアルな着物

特別な装いという印象が強い和装ですが、種類によっては普段着にも使うことができます。カジュアルなものとしては、小紋や紬が一般的です。全体的に細かい柄が入っているもので、帯は名古屋帯などのカジュアルなものを合わせます。古典的な柄もあるので、若い人からも人気があるものです。さらに身近なものといえば浴衣です。夏の風物詩でもあり、和服を持っていない人でも、浴衣は持っているという人は多いものです。価格も安く、着やすいのが特徴です。半幅帯は結びやすいだけでなく、アレンジの幅も広いので、若い人から年配の人まで、夏の和装を楽しみやすいです。場面や季節、用途によって適したものを選ぶことがとても大切です。目的に合わせてコーディネートを考えて、和装を楽しみましょう。