様々な着物の種類とその特徴を解説します

着物は普段着る機会が少ないので、なじみがないものになってきています。しかし、日本の伝統衣装でもあるので、成人式や結婚式などの人生の節目の時には、和装を選ぶ人もたくさんいます。あまり知られていないことでもありますが、和服にはいくつかの種類があり、それぞれの特徴があります。きちんと特徴と用途を知ることで、着ていく場面に合わせてコーディネートを選ぶことができます。格に合わせて帯や小物を変える必要もあります。着ていく場面や、季節、着る人の年齢などによっても選ぶものは異なってくるので、不安な場合には知識のある人に相談をしたほうが良いでしょう。きちんとしたコーディネートや着こなしをすることが、とても大切です。色々な知識を知ることで、より和装の楽しさを感じられるでしょう。

格式の高い着物と着ていく場面について

種類によって格が変わってくる和装ですが、最も格が高いものの代表としては振袖があります。振袖は成人式や結婚式などで着ている人を見かけますが、未婚女性のみが着ることが出来るものです。長い袖と華やかな柄と着こなしが特徴です。既婚女性が着ることが出来る格の高いものは留袖です。特に地の色が黒の黒留袖は礼服とされているので、親族の結婚式などの場にも着ていくことが出来ます。入学式や卒業式などの式典に出席する時には、訪問着という略礼装が向いています。華やかな柄の入った訪問着であれば、披露宴への出席も可能です。格の高いものには袋帯という袋状に縫われている帯を使用します。金糸や銀糸をふんだんに使ったものであれば、華やかな場面にも使うことが出来るコーディネートとなります。

カジュアルに着物を楽しむことが出来る

和装はかしこまった場面だけでなく、普段のお出かけなどにも使うことが出来ます。カジュアルに和装を楽しむときには、小紋や紬などが向いています。小紋は、生地全体に細かい柄が描かれていて、遠目でみると無地に見えるようなものです。帯も名古屋帯とよばれる胴回りがすでに半幅に縫われている略式の帯を使うことで、着付け自体も簡単になり気軽に着こなすことが出来ます。小紋は柄の豊富さも特徴で、レトロな雰囲気の柄もあるので、若い人がおしゃれを楽しむのにも人気があります。夏であれば、浴衣も和装の一つです。簡単に結ぶことができる半幅帯で、夏祭りなどに着ていく人も多いでしょう。場面に合わせて、最適な着こなしをすることができれば、より和装を気軽に楽しむことが出来るでしょう。