主な着物の種類を簡単に解説します

和服は日本の民族衣装です。一度は着てみたい、一枚は持っていたいと思う人も多いでしょう。しかし、いざ着てみよう、購入してみようと思ったときにいくつかの種類があることに気が付いて何を選べばよいのか迷ってしまうかもしれません。和服には格があります。この格は種類によってことなります。そして、TPOに合わせた格のものを着ることが求められるので、あらかじめどのような格があって、それぞれどのような場所に着ていくことができるのかを知っておく必要があります。格は大きく分けて、礼装として着ることができるものと、普段着として着るものがあります。この2つのなかに含まれる和服、つまり着物について、簡単に解説していきます。着る機会がある際に参考にしてみてください。

礼装として着ることができるもの

礼装として着ることができるものは、まず、振袖があります。これは未婚女性の礼装で、長い袖が特徴です。成人式や結婚式などに着ていくことができます。既婚女性の礼装は、留袖です。留袖には黒留袖と色留袖があります。裾に模様が描かれています。黒留袖は江戸褄とも呼ばれ、既婚の女性の第一礼装として使用されます。色留袖は黒以外の留袖で、既婚者も未婚者も着ることができます。略礼装として、披露宴に招かれた場合などの改まった席に着ていくことができるのが訪問着です。全体、もしくは肩から裾へつながった模様になっているのが特徴です。既婚、未婚の別なく着ることができます。もう一つ略礼装として付下げがあります。訪問着と似ていますが、模様のつながりがありません。訪問着より格が下とされていますが、ちょっとしたパーティーなどにも着ていくことができるため人気があります。ほかにも無地の色無地と呼ばれるものや、黒一色の喪服があります。

普段着として着ることができるもの

普段着やおしゃれ着としてきることができるのが小紋です。小紋は繰り返しの模様が着物全体にあります。観劇や食事会などのお出かけ着としてつかえるので、一番着るシーンが多いといえます。反物を織ってから染める礼装用のものや小紋と異なり、糸を染めてから織るのが紬です。大島紬や結城紬などがあり、ショッピングなどの外出や普段着として着ることができます。浴衣は、夏祭りや納涼、くつろいで着る家庭着として使われています。踊りの練習着として用いられることもあります。あくまでも普段着なので、通常は外出着として扱われることはありませんが、絽などの上質なものは、襦袢などを中に着ておしゃれ着として使われることもあります。着物にはこのようにいくつかの種類がありますが、TPOにあわせて自分なりのおしゃれを楽しんでください。