着物に種類がたくさんあることを知っていますか

着物には、洋服とは異なり色々な種類があります。「格」とも呼ばれていて、着ていく場面や、用途に合わせて適した格を選ぶことが大切です。また、着物に合わせて、それに合わせて帯も変える必要があります。最も格式の高い振袖は、格の高い袋帯を合わせます。帯結びにも違いがあり、振袖の場合には、華やかさを出すために飾り結びとよばれるデザイン性の高い帯結びを行います。帯揚げや帯締めも華やかなものを合わせて、結び方も華やかなものとします。未婚の女性のみが着ることが出来る振袖の他にも、きちんとそれぞれの特徴と用途をしることで、正しい選択をすることが出来るだけでなく、和装を楽しむことができます。洋服のように気軽に和装を楽しむことが出来ると、日本人としても素敵でしょう。

格と着ていく場面の違いについて

和装をする機会と言えば、成人式の振袖の他にも結婚式などに参列する際や、入学式や卒業式など節目となる場面が多いものです。成人式には振袖を着るのが一般的ですが、振袖は未婚女性の最上級の礼装と言われています。既婚女性の場合には、振袖の代わりに留袖というものがあります。留袖は、振袖の袖が短くなったようなもので、華やかな柄と袋帯を合わせることが特徴です。結婚式に呼ばれて参列する際など、格式の高い場面に使用します。親族の結婚式の場合には、黒留袖という地の色が黒のものを選びます。入学式や卒業式などには、訪問着が良いでしょう。留袖よりは格下のものですが、式典などに適した格式のものです。袋帯でお太鼓結びを合わせるのが一般的です。色味も柔らかいものが多くなります。

カジュアルに楽しむための種類とは

洋服のように普段着として着物を着ることも可能です。普段着としては、付け下げや小紋といったものが一般的です。生地全体に細かい柄がちりばめられているものが多く、帯は名古屋帯などでお太鼓結びを合わせます。帯揚げや帯締めはシンプルなものを使い、結び方もシンプルにします。江戸小紋などにはクラシックな柄のものもあり、若い人にはクラシックな柄のものを、小物と合わせておしゃれに着こなすコーディネートが人気です。レースの足袋や手袋や、造花を使って帯揚げにポイントを置いたり、襟元にレースなどを挟みこんでも個性を出すことが出来るので、コーディネートを楽しむことができます。夏には浴衣を気軽に楽しむことも、日本の伝統としておすすめです。半幅帯は結びやすいので、着やすいのも特徴です。

ネット通販13年の実績 業界No1の売上です。 我が社では数多くの着物のお仕立ての実績があり、他のお店で購入された着物のお仕立ても受け付けています。 定番の着物から新たなスタイルのご提案まで、貴方の素敵な着物ライフを応援します。 京都市内に実店舗も開業中、お気軽にお越しください! お仕立て・加工のご依頼は、商品のご注文日より1年以内でお願いしております。 着物の種類が豊富で安心!